ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義理の弟夫婦に第2子が誕生しました。
女の子で、名前は、Kimbely(キンベリー)ちゃんに決定。

コドモの名前って本当に迷う。
我が家の場合は、どちらの場合も、決定までに5ヶ月以上かかったと思う。
私の名前も、夫の名前も、自分の国ではいたって平凡な名前なのだけど、
外国で、正しく発音されにくい名前だったので、
コドモには、「短くて、発音が簡単な名前を」ということで、
あれこれ考えたのでございます。

ちなみに、2004年にドイツで人気があったコドモの名前は、
<女の子>
①Annaアナ、②Marieマリー、③Leonieレオニー、④Hannaハナ、⑤Lauraラウラ、
⑥Lenaレナ、⑦Laraララ、⑧Saraサラ、⑨Leaレア、⑩Amelieアメリー
<男の子>
①Lukaルカ、②Lukasルーカス、③Jonasヨナス、④Paulパウル、⑤Leonレオン、
⑥Maximilianマキシミリアン、⑦Timティム、⑧Felixフェリックス、⑨Julianユリアン、
⑩Davidダ-フィッド
だそうです。

この他にも、女の子の名前は、日本でも通用しそうなのがたっくさん。
その代わり、日独国際結婚夫婦は、男の子の名前ですっごく苦労しています。
日本でもドイツでも普通に存在する「カイくん」が結構多いかな。

ちなみに、以下のサイトでは、ドイツで人気のコドモの名前の変遷が、
なんと1890年から検索できてしまいます。
http://www.beliebte-vornamen.de/

スポンサーサイト
こっちの時間で午前中、お昼ご飯の準備をしている時、ロンドンでのテロのニュース。
急いでテレビをつけてみると、
ほんの十数時間前、オリンピック誘致の喜びに沸いていたロンドンが、
地下鉄サリン事件を思わせるような物々しい都市に。

テロに戦争に、次々起こる残虐な事件。
あぁなんかこんな物騒な時代に、わが子をこの世に送り出しちゃってよかったのかな、と思う。

ニュースを知って「ふ~ん、またそんな事が起きたんだ」と聞き流すにしても、
そこから何かしらの行動を起こすにしても、
とにかく、私タチの、どんな小さくても、アクション全てが、
例えばわが子の生きる時間につながっていくことを、私自身心に刻んでおきたいと思うし、
他の誰かにも刻んでおいてほしいと思ってコレを書きました。
ちょっと真面目すぎて、クサい文章になったなとも思うけど。

わが子の、そしてわが子の周りの人々の、楽しい時間のために、
できることはいろいろしてあげたいと、
ハハはハハなりにあれこれ頭をひねっておりまする。

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。