ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上の子が幼稚園に通いだして4週間。相変わらず、あたふたしてます。

うちの子が通う幼稚園は、12時半にお迎えだけど、
ちょっとした軽食を毎日持たせます。
サンドイッチかおにぎりに、果物程度の。

幼稚園が始まってからというもの、これまでそんなに食べなかった子どもが、
毎日残さずお弁当をたいらげてくる。
 たくさん遊ぶから、お腹も減るのかな…。
 量が足りないとかわいそうだから、ちょっと多めに作って多すぎたら残してもらおう…。
なんて考えて、毎日ちょっとずつ量を増やしていきました。
それでも残さず全部食べてくる…。

これはいくらなんでも多すぎじゃぁないかと思って、近所の先輩お母さんに相談しました。
そしたら、
 幼稚園では、残さず食べないといけない。
 子どもの自立と自主性を重んじる幼稚園だから、
 先生が直接お母さんに「お弁当の量がちょっと多めですよ」なんて言ってくれたりしない。
 平均的な量としては、私が今持たせている量の半分でいい。
ということが、判明! 

が~ん!!!

年少組、しかも幼稚園に入りたての子どもが、
幼稚園での出来事をそんなに上手く説明できるはずもなく、
よって、私は、大量のお弁当を息子に無理に食べてもらっていたらしい。

早速、翌日から、お弁当の量を半分にしました。
厳しいなぁ、ドイツの幼稚園。
もちろん、大切な教育方針なんだけど。

スポンサーサイト

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。