FC2ブログ

ドイツ暮らしのキロクチョウ

8月はじめから毎日毎日息子を水泳教室に通わせておりました。
水泳教室の先生は、69歳のちょっと厳しいと有名の水泳マイスター。
でも子供好きで、面白いこともたくさんしてくれたし、息子とはウマが合っていた様子。
授業料は55ユーロのみで、50m泳げるようになるまで何度でも来ていいという良心価格。
そんな水泳教室に、息子は雨の日も風の日も気温16℃の日も通っておりました。

いつもは午前中45分のみの授業だけど
昨日は「夕方にもう一度来させてください」と言われたので、
一緒に水泳教室に通うハンナのお父さんに送り迎えをお願いして夕方再び送り出す。
で、帰ってきた子供の胸になんと、メダルが光ってる!
状況を把握できずにいる私に、ハンナのお父さんがすかさず説明。
「○○、今日50m泳げちゃったんだよ!」
え゛、3日前には、まだ5mくらいしか泳げてなかったのにぃ!?
でも息子の胸にはメダルが光っているし、
50m泳げるようになった子がもらえる竜の落とし子ワッペンも持ってる…。

うれしいような、でも半信半疑のような気持ちで、今日は夫も同伴で水泳教室に。
プールに着くと、なぜかいろんな係員の人々が息子が50m完泳したことを知っている。
水泳の先生の元に行くと、
「昨日の午前中、調子がよかったから、もしかしたらと思って、
 夕方も呼んで50mプールで試しに泳がせてみたら、本当に完泳しちゃった。
 私自身も驚いたけど、本人はすごい喜び様で、あちこちを駆け回っていたよ。」
なるほど、そういう理由で、プールの人々に知れ渡っていたのか。

あっぱれ息子!私が50m泳げるようになったのは、11歳の時だったのに!
これからも、週1回のトレーニングを楽しく続けられますように。
そしていつかクロールと平泳ぎと背泳ぎとバタフライをマスターしたら、
私と個人メドレー対決しよう!

それにしても、こういうことを私も夫もいないところで、
一人で成し遂げちゃったっていうのが不思議な感覚。
これまでは、そういう大事な節目を少なくても私たちのどっちかが目撃してたからね。
でも、きっとこれは、息子が成長していってる証。
「親離れ」っていうのを実感させられた感じ。




スポンサーサイト



isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05