ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日ものすごい快晴だったんで、用事を済ませた帰り、
夫の知り合いが経営する小さい牧場に立ち寄ってみました。


目的はこちら。最近、娘の会話に頻繁に出てくる、ポニー!


ドイツの女の子たちには、何故かポニー好きが多い。
友達同士の遊びの中にも、ポニーの話題が多く出てくるのかな、
そんな影響をモロに受けて、うちの娘も最近は、ポニー・ポニー・ポニー。

服も靴もバックも全部ポニー柄を希望。

すでに鹿を飼っているおじいちゃんに、
「誕生日には、ポニーをプレゼントしてね。」ってお願いするも、
「でも、ポニーの小屋がないから…。」とやんわりと却下される。

ポニーのコースにも行きたいと言い出してます。



そんなに言うならと、実際にポニーに乗せてやることに。
45分=6ユーロ(約1000円)で借りたポニーに、娘は、なぜか「ファンツ」と名づけて、
ファンツに話しかけながら、満足げに乗馬。
 


 
我が家が借りたポニー。「ファンツ」娘命名。


はじめは、のり気じゃなかった息子も、すごく楽しかったらしく、
今度は2人して、「明日もここに来よう!」「ポニーコースはいつから行っていいの?」って、
ウマはお金がかかるんだよぉ~!


 

「誕生日にはまず、ファンツの小屋ね。」って、ますます本気らしい…。
しかも、ポニーじゃなくて、ファンツに限定されました。



スポンサーサイト
もう先週のことなんですが、幼稚園で、Schultueteというのを作ってきました。

Schultueteっていうのは、こんな感じの筒のこと。


この筒は、小学校入学1日目に、家族からプレゼントされるもので、
新一年生が、背中に


出来上がったものをお義母さんに見せると、お義母さんもまけじと、
夫が使ったSchultueteを出してきました。しかも、ものの30秒くらいで。
おいおい、こんなもの、すぐ取り出せるところにしまってあったんだ。


isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。