FC2ブログ

ドイツ暮らしのキロクチョウ

娘の4回目の誕生日。
お誕生会はしなかったけど、我が家に宿泊中の友達を連れて、日帰り旅行。

目指すは、ノイシュヴァンシュタイン城
日本から遊びに来てくれる人々をよく連れて行くので、もう何度目だろう…。
でも、今回は、かなり久しぶり。

朝7時にウチを出て、渋滞にも巻き込まれず、快調にアウトバーンを飛ばして、
10時ごろ、ノイシュヴァンシュタイン城に到着。
日本人がたっくさん観光に訪れていて、ウチの子どもたちが大声で、
「ママぁ、なんでこんなに日本の人がたくさんいるのぉ?」って、
おいおい、みんな聞こえてしまいますから!


天気にも恵まれて、カレンダーのような写真が撮れました。

チケットセンターで、11時40分のオーディオガイドツアーを予約。
夫と息子は、何度か来ているからお城の入り口で待ってるとのこと。
場内見学初体験の娘と友人と3人で中に入りました。

娘はかなり興味津々で見学。
お姫様ベットとか、ガラス玉のちりばめられた王冠型のキャンドルスタンドとか、
やっぱり、おとぎ話の世界と結びつくのかな。
ここにはもう誰も住んでいないの?とか、
どうして王様はお姫様と結婚しなかったの?とか何度も聞いてきました。


軽くランチを済ませて、2時ごろノイシュヴァンシュタイン城を出発。
今度は、目指せ国境を越えてオーストリアへ。
入国審査もなにもなく、県境を越えるようにオーストリアに入ってしばらく進むと、
目の前に大パノラマ。いつ来ても美しい、プラン湖


天気が良かったので、ヨットを楽しむ人あり、
でもその向こうのアルプスにはまだ雪が積もっていて、ため息のでる風景。



再びドイツに戻って、アイスでも食べようかと、
オーバーアマガウという、小さくて可愛い村に立ち寄りました。
こちら、人口5000人の小さい村は、
村中に描かれているフレスコ画と、木彫り人形、それに、
10年に一度、村人総出で上演されるという「キリスト受難劇」で有名な村。
外壁を見ながら散歩するだけで、結構楽しめます。



おみやげ物屋さん。



ちょっと見づらいけど、ビヤホールの様子が3Dっぽく描いてあります。



民家の外壁に「あかずきんちゃん」。


「ヘンゼルとグレーテル」に、


「おおかみと7ひきの子やぎ」。



こんなに盛りだくさんでも、道路が順調だったおかげで、夜8時前には帰宅。
このドライブルート、なかなかお勧めです。



スポンサーサイト



isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05