FC2ブログ

ドイツ暮らしのキロクチョウ

水ぼうそうに、ツェッケ(ドイツの怖いダニ)、ひきつけに、骨折と、
最近周りに災難が多いなぁと思ってたら、ついにウチにもやってきました。

日曜日、それまで元気だった夫がかなりだるそう…。
教会へも行かず、ベットに伏しておりました。原因はインフルエンザ。
冬には予防接種をしていたけど、夏性のものには、もう効果がないのかなぁ。

数日間仕事も休むように言われたので、月曜日、おとなしく自宅静養。
すると、私がちょっと買い物に出ている間に、幼稚園から電話がかかってきました。
「むすこさんがブランコから落ちて出血しているので、今から近くの診療所に連れて行きます。
 一緒に来てください!」

インフルエンザの夫が診療所に着くと、息子は、口の中と、鼻の頭から出血。
しかも、途中で嘔吐もしているので、
念のため、病院に移ってレントゲン検査をしてもらうことに。

検査の結果、幸い骨折はなし。吐いたことから考えて、おそらく脳しんとう。
当の本人、少しショックはあったようだけど、
お医者さんや看護婦さんとの受け答えもしっかりしているし、たいしたことはなさそう。
あぁ、これこそ不幸中の幸い。

念のため、1泊だけ入院することに。
私か夫のどちらか付き添っていいというので、
インフルエンザの夫に「どうせなら、ここで一緒に静養する?」と聞いてみるも、
「ウチがいい。」と帰って行きました。
ウチだと健康な娘の面倒もあって大変だろうという、私なりの愛情もあったわけですが…(笑)。



今朝6時ごろ、「おはよう、ママ!」と私を起こす脳しんとうの息子。
朝食を終えて、病院内を散歩していると、担当のお医者さんに遭遇。
そのまま廊下で診察されて、廊下で退院許可を出していただきました。

息子は「でもまだ、昨日注文したランチ食べてないよぉ。」って。
そうそう、この病院は、食事を自分で選べるんですが、
息子は、今日のランチに好物チリコンカルネを注文しておりました。

優しい看護婦さん+おもちゃ完備の部屋での入院生活が楽しかったのか、
看護婦さんにも「まだ、ここに居たいんだけど。」って。
私たちの血税を、ムダに使いそうな(ドイツは子どもの医療費はタダ!私の宿泊+食事代も。)
のんきな脳しんとう患者を連れて、無事退院いたしました。



正直、レントゲンの結果がでるまでは、かなり緊張してましたが、
今回はほんとうにこの程度で済んでよかったぁ…!








スポンサーサイト



isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05