ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回目の言葉のセラピー。
前回と今回の、息子と先生のやりとりから、
息子は、r や tr、sch の「発音」に苦労はしているものの、
rとl、sとsch、などの聞き分けはできていることが判明。
(母としては、rとlの聞き分けも危ういんじゃないかと思うのだけど…。)

先生のスケジュールが空いて(おそらく3ヶ月待ち)、
矯正のためのセラピーが受けられるまでの間、
スプーン1杯の水を、のどでうがいをするようにガラガラしながら、
歌を歌うようにという宿題がだされました。

その他、話題はもちろんバイリンガル教育へも…。
我が家の方針、私は日本語のみで、夫はドイツ語のみで子どもに話しかけ、
子どもに日独を切り替えるところをきちんと示しているという点は、お墨付きをもらいました

ただ、この先生は、もしかしたら、バイリンガル教育にあまり積極的ではないのかな…。
それとも、それがこの業界の人々の共通見解なのか…。
感情をおさえ、言葉を丁寧に丁寧に選びながらも、
いつか息子のドイツ語の伸び悩みなどに気づくことがあったら、
すみやかに日本語の負担を減らしてあげる工夫を、という事をおっしゃっていました。

息子のドイツ語、発音意外は、語彙力や文法的な面など、
特にセラピーの必要はなく「良好」ということだったけど、
「全く問題ありません」という感じでもなかった。
バイリンガル環境で育っていることを考慮した上での「良好」であって、
実際には、平均くらいかそれを若干下回るんじゃないかというのが私の推測

日本語はこれからもやっぱりできるところまで伸ばしてやりたいと思ってるけど、
日本語が息子の武器となりうるのはまだまだ先のこと。
小学校4年生で、ある程度の将来が決まってしまうドイツでは、
やっぱりどうしたって、ドイツ語が大事。
ドイツ語をなんとかしてやらにぁな。でもドイツ語を正しく話さない私に何ができる??
あ~、外国人母にとっては、難しい課題 *( >_<)*。



スポンサーサイト

コメント

No title

ロゴペディーの先生のスケジュールってそんなに詰まってるんですね。3ヶ月待ちとは。

バイリンガル教育と言うのは本当に悩みがつき物ですね(実感)。

うちは日日カップルなので、今まで日本語を優先させてきましたが、これからしばらくはドイツ語に力点を置き換えねばなりません。一体全体学校のドイツ語についていけるのか??甚だ疑問ではありますが、もうこうなったら行ってもらって自分でついていってもらうしかありません。

文法も、語彙もどうやってサポートするか、今考えているところです。しかし私の中途半端なドイツ語では何ともならんな~と悩み中です。

No title

>Mayさん
そうなんです、実際どうやってサポートしたらって考えちゃうんです。もちろんウチは父親がドイツ人ですが、毎日何時間も息子と相手できるわけでもないし…。今の段階って、言葉を教えるっているより、ヨソで覚えてきたことを説明してあげたり、訂正してあげたり、そういう地味な積み重ねが大事なのではと思うのですよね。でも、それが私には無理だぁ~。同時に、私たちのドイツ語も鍛えなおさんとということなんでしょうね。あ~。

No title

isohaさんの息子さんのロゴペディーの先生は、細やかにいろいろ見てくださってるようですね。
私の息子の先生は、年配の優しい先生で、毎回何かを一緒に作るとか、ゲームをして終わることが多いです。
あまり細かい指示もないので、コレでいいのかな、と思う反面、先生のことを息子も大好きなので、通ってます。
その先生も、両親がそれぞれの母国語で子供に話しかけることは、とても大事だと教えてくださいました。
幼稚園の先生に、息子のドイツ語のことを聞いたら、
「会話に問題はないけど、アクセントがあるので、夜お父さんに毎晩本を読んでもらうようにしてください」と言われました。私のからは、ドイツ語を学ばせてはいけないと、つくづく思いました。
2言語の子育て、悩むとこ多いですよね。
でも、ハハの母国語は子のこの一種の母国語でもあるとおもうので、できる範囲でがんばりたいものですね。

No title

>ユリアンさん
そうそう、これだけ回りに完璧なドイツ語を話してくれる人がいるのに、なぜか子どもって、母親の外国語としてのドイツ語を学んじゃうんですよね。
Y君は、うちの子よりもずっと言葉の面の能力が高いように思うので、このまま丁寧に向き合っていってあげればきっと大丈夫ですよ。私なんかは、引き際はいつだろう、日本語を学ぶエネルギーを何か別のものに注げるようにしてやったほうがいいんじゃないかなんてことまで悩んだりしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/105-70337fcd

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。