ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと書きそびれていた、2008年2月上旬ローマの旅の記録。
人に読んでほしいっていうよりは、これこそ自分のための記録帳。長いです。

※※※※※ ※※※※※ ※※※※※

イタリアはもう何度か行ってるけど、念願のローマは今回が初!
2月のドイツはお天気も悪いし、たいしたことできないから、
せっかくドイツに来ている父を連れて南下しよう!とのアイディア大当たり。
滞在中ずっといいお天気で、東京の4月のような陽気でした。

初のローマの印象は、「日本+フィリピン÷2にヨーロッパ的要素を注入」。
子連れだったんで、緊張の瞬間もあったけど、なんか懐かしい喧騒でした。


一番の思い出
トレビの泉に、真実の口、スペイン階段、コロシアムなどなど、
この辺りの見所を一通り見て、見てよかったなぁと一番心に残ったのは、
行く前の予想と反して、ローマよりも「ヴァティカン市国」でした。

入場までにシーズンオフでも1~2時間は並ぶって聞いてた「ヴァティカン宮殿(博物館)」。
シーズンオフとはいえ休暇中、3歳児連れて並ぶのは辛いなぁと内心思いつつ、
父の希望を叶えるべく意を決して、朝の9時ごろホテルを出発。
もっと早い時間にホテルを出られなかったことを後悔しつつ、
入場者の列の最後尾を探すと、あれれって感じで、1分も並ばずに入場できちゃいました。


ほらね、入り口の係員さんが、
結構暇そう…。
こんな日もあるんですね…。
オーディオガイドを貸してくれる
係員さんが、
「こんなに空いている日は
 めったにないわよ。」って。

あんな昔、今のようにいろいろ物も揃っていない時代に、
どうやってこんな作品を作り上げていったんだろうって、
普段美術にあまり関心のない私でさえ、思いがけず感動。
3歳と6歳のパワー全快のウチの子タチは、
きっとこんな所退屈で、走り回るのも時間の問題で、私が渋々外に出るんだろうな、
っていう不安も、幸い大ハズレ。
2人でイエスとマリア探しをしたり、好きな絵を言い合ったり、
ポーズをとって、絵の中のどの人物の真似をしているか当てあったり…、
なんかやっぱり、そういう、うるさい子タチも黙らせる、
ものすごい魅力を発する博物館なんだなぁって思いました。
ミケランジェロの『最後の審判』なんて、ウチの子たちを
30分くらい魅了してました。すっ、すごすぎです。



それから、もちろん、
カソリックの総本山、
サン・ピエトロ寺院も圧巻でした。



エレベーターで上まで昇って、
さらに300段の狭くて怖い
階段をのぼりきって、
クーポラと呼ばれる部分の
最上部にたどり着くと、
サン・ピエトロ広場を、
こんな感じで見下ろせました。




ローマのホテル
今回お世話になっていたのは、Macenate Palace Hotel
ローマのテルミニ駅から徒歩10分くらい、
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の目の前にある、
19世紀の古き良き面影漂うホテル。




よく観察してみると、
いろんな所に施された化粧しっくいとか、
間接照明とかが、
いい雰囲気を醸し出していて、
そういう部分を眺めて楽しんでました。



朝食用の、
コーヒーポットやミルクポット、
フォークにナイフにスプーンなんかは、
使いこなされた銀製でした。
実は、今回一番お土産に
持ち帰りたかったのは、コレ!





ローマのおいしい思い出
ドイツにいる間は、和食と中華をよく食べたがった父が、
ローマにいる間は、本当に毎日、イタリアンをリクエストしてました!



もちろん、当たりのレストランも、ハズレのレストランもあったんですが、
滞在中に何度も通ってしまうほどおいしかったのが、下の2つのレストラン。



ひとつめは、
Ristrante Pizzeria Santi
 Via Daniele Manin 55-57
たぶん70歳くらいの老夫婦が経営している、
家庭的な雰囲気の小さいリストランテ。

ここのトマトソースがすごくおいしくて、
娘は、毎回ピザ・マルガリータを注文。
おいしい、おいしい、とよく食べて、
ここのおばあさんに可愛がってもらいました。



 



もうひとつは、
上のお店の
向かいにあった
トラットリア。

上のお店よりもちょっとだけ高級感漂ってて、入った瞬間、
「あぁ、 子連れじゃぁ、 まずかったかな…。」
なんて思ってしまいました(笑)。

でも実際は、お店のみなさん、子どもにとっても親切で、
(というか、ローマの人々は、みんなみんな子どもにとっても親切でした!!)
子どもたちもピザを作るところをガラス越しに見せてもらったりして、
楽しく食事してきました。

お店のカードをもらってきたはずなのに、それが見つからず、
ここで買ってきたお店のマーク入りワインも飲み干してしまい、
肝心のお店の名前がわかりません。あぁ、不覚…。
でも、上のお店のお向かいですからネ。


次回のローマ
こんなこと書いて、またローマに行けるのか、
行けるとしても一体いつになるのか全く未知なんですが…。



ナヴォーナ広場から
トレヴィの泉まで
歩いて向かう途中には、
こんな感じの趣のある、
細い通りがたくさんありました。
しかもアンティークのお店
ばかり。
次回は、こんな通りを、
ゆっくり歩きたいもんです。









スポンサーサイト

コメント

No title

ローマに行ってたんだね!
私、一回もイタリアに行ったことないので
今後の旅行の参考に・・・

いつも混んでる博物館にすぐ入れたようでラッキーだったね☆
小さな子連れでも楽しめるようなので、私もそのうち行けたら・・・

でもイタリアに行くなら、私の目的はやっぱりスパゲティとデザートかも・・・
イカ墨のスパと美味しいザバイオーネが食べたい!

イタリアは、どこでも子連れに親切にしてもらえそうな雰囲気あるよね。
フランスなんかだと、間違ってちょっと高級なレストランに入っちゃうとムチャクチャ緊張するんだけど・・・。

No title

日記読んでて感じがとても伝わってきましたよ~。いいな~。行きたいと思っているけど子連れは色々考えないと行けないからな~。でも、読んでたらうちでも行けそうかなと思ったわ。

おいっしい~イタリアン食べたい!

PauPauさん

食事はねぇ、やっぱりおいしかったよぉ。
よくさぁ、本場より日本の方がおいしい、
なんてこともあるけど、
ローマは違ったよ。
ただ、何でも高かった!
ドイツ感覚で、アイス3つ頼んで、8ユーロ!
アイスの値段は、ドイツの3倍くらいしたわぁ。

ヨン吉さん

ローマは、子連れ大丈夫だよ!!
子どもがおりこうさんにしていなきゃいけない場所って、
バチカン宮殿と、教会の中くらいだから。
その他の有名所は、屋外が多いから、
散歩気分で全然大丈夫!

ただ、子どもが歩き疲れるのがねぇ…。
うちは、2日間乗り放題の観光バスチケットを買って、
子どもが疲れてきたなぁと思ったら、
バスに乗って、子どもたちは昼寝。
私は日本語イヤホンガイドでバスからローマ観光。
よかったよぉ。

No title

素敵ぃ~!!!
Isohaさんの感性も素敵★
ローマ行って見たい♪何泊で行ったの?

Snowさん

ど、っどんな感性のことですかい!

今回の旅は3泊4日でした。
初日、朝早く飛行機で発って、
最終日も、夜遅く空港に着く日程で、
まるまる4日というかんじ。

買い物はほとんどしなかったけど、
初めての観光には十分だったよ。

No title

ローマ、いいですね~!
うちはイタリアのリゾート地ばっかり行きたがる旦那を説得して去年、ミラノに初めて足を踏み入れましたが、次は是非ローマに行きたいな!
博物館の中でのお子さん達の様子がうちだったら奇跡です!!!素晴らしい。

>ゆりまりさん

うちも、日本からの客さんがいないときは、
「観光」より、ドイツの典型的「休暇」が多いです!

ミラノもよさそうですね~!

博物館内でのウチの子達について。
いつもは、ぜったいこうじゃないですよぉ~!
やっぱりキリスト教色強い博物館だったからかなぁ。
幼稚園やドイツの家族に教え込まれていますからね(笑)。

No title

へぇ、すてきぃぃぃ♪
イタリアは子供に優しい国なのね。
一度本場のピザやパスタを食べてみたいわ。


今毎日中華料理ばっかりなので余計食べたくなったー!!!

No title

イタリアうらやましい・・・
そして、やはりお子ちゃまたちは聡明ですね!(^^)!
お父様も喜んでくださったなんて何よりですね!やっぱり日本人はイタリア料理好きですよね。
イタリア料理のレベルなんてほんと高いと思うし。。
今、イタリアに関連したお仕事してるし、余談ですが、現恋人もフィレンツェに留学していたので、私の中でかなりのイタリアブームで~~す

>ひろ

贅沢な悩みだよぉぉぉ。
私は、おいしい中華が恋しいよ。
なんかこっちの中華はイマイチ。
味をドイツ人好みにでもしてるのかな…。
それとも、日本の中華が日本人好みにしてあるのか。

ローマだけかもしれないんだけど、
イタリア人、子どもに優しかったよ!

>Erie

へぇ、そうなんだぁ!

うん、イタリアンは、やっぱりいいよねぇ。
なぜか毎食でも食べられるよ。
ただ、値段が、結構高かったので、それが少しびっくり。
やっぱり、ドイツって安いよね。

No title

おくればせながらコメントです。
いいですね~。IくんもLちゃんも楽しんだことでしょうね。
私は20年前に行きました。
また、是非行きたいです。
レストランでコースで食事をしたら、前菜にスパゲッティー、そのあとにメインの肉料理などなどで、おまけにデザートに特大のアイスでたまげました。おいしかったけど。

>ユリアンさん

イタリア人の食事の量って、すごいんでしょうかね。
私も友人のイタリア人の家に遊びに行くたび、
パスタの後にメインが出てきて、
これでもかってほど食べさせられます。

おいしいですが☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/136-b4323f44

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。