ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2週間こっちに遊びにきていた父が、ロンドン経由で無事帰宅。
でも今回もやっぱりトラブルに見舞われてハラハラの連続。

父の飛行機が朝早い便だったので、
眠ったままの子どもたちを着替えさせて車へ。
天気予報を見て覚悟はしていたけど、あいにくのすっごい霧
乗りなれた道でさえ、前がほとんど見えなくて怖い状態。
一度危うく、事故を起こしかけました


でもなんとか出発の2時間前に空港に到着。
ブリティッシュエアウエィズのカウンター近くに行ってみると、
あれ、みんなチェックインカウンターじゃなくて、臨時のカウンターの前に並んでいる…。
もしや…と思って、電光掲示板に目を移してみると、
父が乗る予定の便の右端に「Canceled」の文字

本当に最近フンダリケッタリだなとため息をひとつついて、みんなが並ぶ列に並ぶと、
珍しく、航空会社の職員が申し訳なさそうにコーヒーを配りながら事情を説明してくれる。
欠航の原因は、前日のロンドンの悪天候で、予定の飛行機が前日到着できなかったから。
また悪天候が原因、ここまで続くと、ヒースローに哀れみさえ感じてもくるが…。


代わりにルフトハンザの便を用意してもらうまでに1時間。
もともとの便より20分遅れるだけなのはいいけど、
ここで1時間もロスしてしまったので、搭乗まであまり時間がない
しかも、ルフトハンザは別のターミナルからの出発なので、
早足でターミナルを移動して、なんとか無事チェックイン。

ルフトハンザのカウンターで、到着はヒースローのターミナル2であることを告げられる。
あぁ、まずい、もともとはターミナル1に到着の予定だったから、
ヒースローのターミナル2からターミナル1への移動の方法を、
まったく父に説明していない
不安を抱えつつも、搭乗時間が近づいているので、そそくさと別れて、父を送り出す。


こっちはもう不安だらけだったけど、私と別れた後はすべて順調、無事成田に帰還。

わたしは、日本に向かったときも、ドイツに帰ってくるときも、
そして今日父を送り出すときもトラブル続きだったのに…。
もしや、これって私のせい? と、その数秒後に気づく。
今年、厄年なんです。

今年大事なことを抱えている時は、私に近づかないほうがいいかも…




スポンサーサイト

コメント

No title

お帰り~。これから現実がいっぱいまっとりますね~。楽しい時間はあっという間ですわね~。  厄年あるかもね~。私もあったあった。靭帯切ったし、車は2回ぶつけられたし~。やったわ~。「厄年厄年~」って笑っとったけど旦那の方がへこんでたな・・。

ヨン吉さん

やっぱり厄年あったぁ~?

実はウチ、今年は、夫も(ドイツ人だけど)厄年らしくって、
私は内心すっごくドキドキ。
日本にいる間、自分の厄年に気づくの遅れて厄払いもできなかったし…。
こわぁ~!

おかえりなさい。

おかえりなさい。
お父様も無事に日本に帰られてよかったですね。
ほんと、スゴイ霧の日がありましたよね。
日本のお土産話をまたきかせてくださいね。楽しみにしてます。

ユリアンさん

ご無沙汰してます!
今週から仕事も始まって、
一気に現実に引き戻されました。
もうちょっと落ち着いたらまた遊びましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/137-ab1d3360

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。