ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


私は、ドイツで生涯教育に携わっています。
今年からはじめたのが、日本の家庭料理教室。
1月から今月までの間に、8つの講座をやって、
参加者人数延べ92名さま。高校生から、老夫婦まで。女性6割、男性4割。
この男性の参加率の多さには、、私だけでなく女性の参加者も常々びっくり。

おとといは、今セメスター最後の講座で、巻き寿司を作りました。
ドイツでも、最近寿司の人気は高く、巻き寿司の講座の時は、いつも満員御礼。
その上、二桁の数の人々がキャンセル待ちをしてくれてたり。

巻き寿司の講座での山場は、だし巻き玉子作り。
だし巻き玉子の作り方を実際に見せると、
観衆はまず驚愕して、その後やや不安がって、とにかく反響が面白い。
でもこれまでのところ、みんな上手に焼き上げているので、
初めてなのにすごいなぁといつも感心。

寿司を巻く段階では、1回目だけやや緊張した様子で、
それを乗り越えてしまえば、「私にも巻けるのねぇぇ!」と自信に満ちていく。
ドイツ人の大半が、握り寿司よりも巻き寿司の方が難しいと思っているから、
この時の喜びは、ヒトシオらしい。

3種類の巻き寿司に、味噌汁とガリを添えて、ビールと梅酒と緑茶でカンパイ。
巻き寿司をフォークとナイフで切って食べる人も中にはいるけど、
(私たちもお箸でソーセージを食べるので、これはご愛嬌ということで…。)
大多数が自分のお箸を持参して、誰が一番上手に箸を使えるか競い合ったり。
ドイツ人に囲まれて寿司を食べるのは不思議な気分~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/51-a2cb8388

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。