ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本から日本食材やら子どものお菓子やらの荷物が届いたので、
ついでに、物置にある日本食材の棚を整理した。

上の子は昼寝中。
下の娘を届いたばかりの荷物あさりで遊ばせながら、作業を開始。
かなりオリコウに遊んでいてくれたので、私は片付けに集中。
しばらくして、娘の方に目をやると、な、なんと!!
赤ちゃん用ビスケットを黙々と食べているぅぅぅぅぅぅぅぅっ!

   誰にもらったの? いやいやココには私と娘しかいないし…。
   自分で探し出したの? この食材の山からどうやって??
   自分で開けたの? 1歳1ヶ月のくせにぃ???
 
まさに密室のミステリー。
でも、どう考えても、
この日本食材の山の中から、自分に最も合うものを探し出し、
(日本製の幼児用ビスケットなので、見慣れているものではない。
 まさに、動物的勘で探し当てたと思われる。)
かつ、4本しかない歯で食いちぎったのか、ひっぱって破いたのか、
とにかく自分で袋を開けて、食べだしたらしい。


こんな風に、親をびっくり仰天させるのが、彼女の得意技。
彼女がまだ生まれる前、妊娠39週目の時のこと。
逆子がずっと直らなかったので、覚悟を決めて、帝王切開の申し込みにでかけた。
(先生)「最後にもう一度だけ、超音波で見てみましょう」
(先生)「あっ! 逆子治ってますよ。39週目にして!」

逆子が治るのは、普通36週目くらいまでだと言われている。
それ以降だと、赤ちゃんが大きくなってしまうので、回転が難しくなる。
そんなこともなんのその。
わが娘は、予定日を1週間後にひかえて、やっと、うんとこしょと動いたらしい。
窮屈ではなかったのか。へその緒は巻きつかなかったのか。 これまた密室のミステリー。

娘よ、私たちを驚かせてくれて一向にかまわないのだけど、
せめて、笑えるネタの範囲で、お願いね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/52-c5efb96b

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。