ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日、奈良県の和太鼓集団「倭(YAMATO)」のヨーロッパ公演を観てきました。
もともと和太鼓が大好きな私は、いつか迫力ある演奏を生で観てみたいと思いつつも、
ドイツに嫁いで来てしまってからは、すっかり縁遠くなってしまっていました。。
それが今年の初め、倭が近くで公演することを友人から聞き、即座にチケットを予約。
それから約半年。待って待って待って待っていました。

私達の観た公演は、日曜日の夜8時から。
こっちで暮らす日本人が結構来るのかなと思いきや、
ホールはドイツ人で溢れ、ほぼ満席の状態。
この都市だけでも6日間7回の公演が行われるというのに、この人・人・人。
その人気、関心の高さにかなり驚いてしまいました。

公演は、まるで近くで花火を打ち上げられているような大迫力の演奏の中に、
神聖さ、コミカルさ、可愛さがバランス良く詰まっていて、私も夫も大満足。
特に、他人をやわらかい気持ちにさせる、倭のメンバーの笑顔がよかった!
こんな笑顔、ドイツで見ることはほとんどないから…。(^^;
2時間ぎっしりの公演は、見る人に飽きる暇を全く与えず、曲が終わる毎に拍手の嵐。
公演後は拍手がずっとなりやまず、倭の方々が何度も舞台に出てきてくれました。
言葉も文化も違う土地で、しかもノリやすいとは言えないドイツ人を、
すっかり魅了してしまった倭には、ただあっぱれの一言。

今回は、早めにチケットを予約したこともあって、舞台正面4列目の席をゲット。
おかげで、倭の方々の表情はもちろん、流れる汗、筋肉の動きまで見えて本当によかった。
公演終了後に、関係者と少し話しをすると、ドイツには毎年来ているとのこと。
また近くで公演があるときには、今度は子どもも連れて絶対に来ようと心に誓いました。
それをきっかけに、子どもが和太鼓奏者になってはくれまいかという野望を抱きつつ…。

☆倭のサイトはこちら
http://www.yamato.jp/jp/main/main-flame.htm

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/55-2da6009d

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。