ドイツ暮らしのキロクチョウ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から、上の子が、週1回の日本人幼稚園に通いはじめました。
毎週土曜日の9時から13時まで。
日本語漬けの4時間は、やっぱり相当疲れるらしく、
迎えに行くとかなり疲れた顔をして教室から出てきますが、
それでも「先生は大好きだし楽しい。」と言っているので、
しばらくこのまま行かせてみるつもりです。そのうち慣れると思うし。

お弁当はなるべく日本的なものを、ということなので、
毎週土曜日は早起きして、エビフライや、鶏のから揚げ、ミートボールなどなど、
息子の大好物を週替りでメインにしたお弁当を、頑張って作っています。
それなのに、息子からはなかなか「おいしい!」の反応が頂けません。それどころか、
大好物のはずのおかずが、お弁当箱に残されてきて、
「エビフライとかから揚げは、家で食べるから、もうお弁当には入れないで!」とばっさり。

今まで全く気づかずにいたけど、
「温かくして食べるべきものは、温かくしてたべる。」というドイツ人的な食習慣を、
息子はしっかり受け継いでいるらしい。
だから、お弁当箱に入っている冷めたエビフライやから揚げはダメなんだ、きっと。
日本人の子どもだったら、冷めたミートボールもしっかり食べてくれるはずだし、
それが日本の「お弁当」というものなのに、
息子は、妙なところでドイツ人らしさを発揮してくれました。
(実際、どうして冷めたお弁当を日本人はおいしそうに食べているのと、
 日本観光から帰ってきたドイツ人に聞かれることは、しばしば。)

厚焼き玉子も、ゆで卵も残されたし、
そのうち「おにぎりもダメ!」と言われそうな雰囲気さえ漂っています。
私は一体何を持たせたらいいんだろう。
冷めても美味しいお弁当おかずのアイディアくださ~い!

日本で売られている保温機能のあるお弁当箱を買おうと本気で検討中です。
だって、気温20℃以上ある今でそういう反応なので、
冬になったら、パンしか食べてくれない気がするし。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isoha.blog77.fc2.com/tb.php/93-ce67273d

isoha

Author:isoha
遊びに来てくださって
ありがとうございます。
たまにたまにですが、
更新しています(笑)。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

06  05  03  02  12  01  12  12  06  04  03  02  01  12  10  08  07  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  10  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。